ゆうちょ銀行とメガバンクを定期預金比較

ゆうちょ銀行とメガバンクを定期預金比較

今回は定期預金だから、より安全なところに預けておくべきだと考えるかもしれません。 それはもちろん大切なことです。そのような発想から、引き続きメガバンクや地銀が人気を呼んでいます。 または、ゆうちょ銀行との取引がある方もあるでしょう。 ゆうちょ銀行に関しては、定期預金の預入先としての魅力はいかがなのでしょうか?

まず、金利面のメリットというよりも、地理上のメリットが大きいという地域に住んでいる方もあるでしょう。 民営化されるようになったとはいえ、引き続き孤立した地域に取っては頼み綱となっています。 その金利に関していえば、大手銀行と定期預金比較すると多少高くなっています。 そして、預け入れできる金額は1000万円までと決められています。

しかしながら、多少は金利が高いということで、一番有利な預入先であると結論付けるのはまだ早いでしょう。 最近では、インターネット銀行に預ける人が多いのです。 では、なぜ今それほどまでにインターネット銀行が熱いのでしょうか? まず、インターネット銀行の金利をゆうちょ銀行と定期預金比較すれば、なぜそれほどまでに新規の顧客を増やしているのかがわかります。 それだけではありません。 店舗がないのは不安であるという、そのような不安を上回るメリットがあると感じている人が多いようです。

まずは定期預金を預けることからネット銀行との取引が始まって、その後にはいろいろなメリットがあることに気付いて、 今ではメインバンクのような感覚でネット銀行を使っているという方もあるでしょう。 その一つのサービスが、振込手数料の安さです。 大手銀行と定期預金比較すると半額以下になっている場合もありますし、場合によっては無料になっているかもしれません。

また、独自のATMを持っていないということが、かえって利用者にとっては有利に働くことにもなるのです。 とくに、今ではコンビニが至る所にあって、そこのATMを24時間、時間外手数料を気にすることなく利用することができます。 ですから、自分の住んでいる地域にその銀行の店舗もATMもないということはまったく問題にはならないわけです。 定期預金比較していくと、インターネット銀行の中でも違いがあります。 自分にとって魅力的に思えるところがあったら、さっそくインターネットを通して申し込んでみましょう。 そうすることで、少しずつネットの魅力的な世界に引き込まれていきます。